<   2009年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

17回目の結婚記念日

f0077793_1103763.jpg

アメシスト(アメジスト)婚式です。

月日が経つのは早いもので、二人でスタートした結婚生活も18年目に突入。

結婚1年目にゴールデンレトリバーがやってきて、結婚10年目にたまきが生まれ、レトリバーは天寿を全うし、たまきは4月から二年生。

今日はたまきがショート中なので、夫婦2人でささやかなお祝いとしてレストランにコースディナーに行ってきました。

食事しながらお互い「早かったね~」としばし語らい。穏やかであたたかいひとときでした。

頂上の見えない山を登るような、深い海の底でもがくような、大変なこともたくさんあったけど、それ以上に小さな幸せをたくさん見つけることができました。

今、笑っていられる自分の人生は私に言わせれば「上々」。
今が幸せなら、全部帳消し。

アメジストの宝石の言葉は『誠実と心の平和』

石の言葉にならって誠実に、心おだやかにまた一年を過ごしていきます。

そうそう、レストランを予約する時に「結婚記念日なんです」と言ったら、今日のデザートに「おたんじょうびおめでとう」と書かれたシュガープレートが飾られてました(笑)
[PR]

by tamaki-tamaki | 2009-03-29 01:10 | Comments(2)

一年の思い出クラスのスライドショー

今日でたまきの一年生もおしまい。

朝から今日で最後だよとたまきに話しながら登校。

たまきはなんとなく雰囲気を察していたのか、教室に入っても神妙な様子(笑)

事前に「明日は一年間の写真をスライドショーで見せてもらえる」とママ友から連絡があり、楽しみに音楽室に向かいました。

スライドショーはたまき達のグループのみ。
お友達の一年間の写真を次々に大きなスクリーンに映し出します。

ほんの一年前のことなのに、そこに映る子供たちの成長の証がはっきり見てとれました。

まだまだ幼さの残っていた4月から、親とはきっちり分離を果たし、笑顔で過ごすたまきの写真。一年で心身共にたくましくなりました。

グループの友達や先生と楽しそうに過ごすみんな。
入学式や運動集会、元気まつりに文化祭やお散歩、他にもたくさん。
一枚一枚の写真には、語り尽くせない思い出があふれていました。

映写が終わる頃には先生方もママ達も、涙でぐしょぐしょ。

たまきにとって、この一年間は本当に大切な期間だったので、無事に元気に乗り切ってくれて良かった。

通園施設にも通えず、ひたすらべったりと母子で過ごしてきた今までとの大きな転換点だったから。

差し伸べてくれる手に、素直に気持ちも体も預けられること。
たまきがこれから生きていく上でとても大切なこと。
先生方やケアの看護教諭のおかげ。
感謝のかぎりです。

さて、4月からはたまきも先輩の二年生。
春休みを元気に過ごして進級したいと思います。
[PR]

by tamaki-tamaki | 2009-03-24 20:07 | Comments(0)

久々にすっ転んだ…

今日はおとうが電車でお出かけだったので、迎えに行ったついでにファミレスでゴハン〓

おいしく食べての帰り、たまきを車に乗せようとと車の前から回り込んだ。

ら…

長~い車止めの縁石に気づかずに普通に歩いた…

足を取られて前につんのめってしまい、目の前にはバギーに乗ったたまきが。

このまま倒れたらたまきに突撃。さて?どうしよう?
と一瞬で考え、膝をかくんと折りました。

イタイ。
イタ~イ!
履いていたジーンズの膝のあたりがなんかしめっぽい(涙)

見ると余計イタくなりそうだったから、気づかないフリして帰宅。

で、見てみると流血。
だよね~!

いやぁ、膝小僧を擦りむくなんて何年ぶりだろう?

イタイけど、たまきを抱いてなくて良かった。とお風呂の中でジンジンとしみる傷をしみじみ眺めながらつぶやきました(笑)
[PR]

by tamaki-tamaki | 2009-03-24 00:04 | Comments(0)

卒業式

今日はたまきの学校の小学部と中学部の卒業式。
先週金曜日は高等部の卒業式でした。

いずれの式にもたまきたちチビッコは参加せず、会場を出る卒業生たちを送る花道で待機。

学校にいた私も他のママさんたちと少し離れた場所で卒業生達にお祝いの拍手を送るために待機しました。

高等部はこれで本当におしまい。以降は作業所に通ったり、通所したり、在宅で過ごしたり。

制服をキリリと着て、顔をあげて花道を通ってくる卒業生を見て、ただただ涙。

小さかった頃など知りもしないのに「こんなに立派になっちゃって」なんて思ったり(笑)

今日は小学部と中学部で、また来年度も一緒だから泣かないわ~。なんて思っていたら大間違い。
体育館の二階からこっそり式を覗いて「ともだちになるために」という歌が手話付きで歌われてるシーンを見て、涙がダーっと出てしまった。

体育館は、まあるく卒業生の席があって、みんながお互いの顔を見ることができます。
卒業証書は、丸く敷かれたカーペットの上、みんなの前をぐるっとまわって中央で授与されます。

そのカーペットを歩く間、その子の学校での歴史が語られる。
あ~、もうダメ。
思い出しても泣けてくる。

11年後、今の一年生みんな揃って卒業式に臨む姿を目に浮かべつつ帰宅しました。

たまきの学校は24日が終業式。
あとわずか。
さみしいなぁ。
[PR]

by tamaki-tamaki | 2009-03-18 17:57 | Comments(2)

オモロイ笑顔

f0077793_19331813.jpg

今日、歯科医に行ってぐらついていた中心の前歯を抜いてきました。
前歯がごっそりなくなったようで、なかなか愉快な笑顔になりました~。

病院でのデキゴト↓

先生は「おうちで一本抜いたのなら、この歯もおうちで抜いた方がお金もかからないけど、どうする?まだぐらつきは少ないから、あと二週間くらいはかかると思うよ?」と聞いてきました。

「怖いから抜いてください」と返事をして処置が始まり始まり~。

まず、麻酔をして効いてきたのを確認したら器具を使って抜歯。

………だと思うでしょ?

んがっ!
先生(女性)はおもむろにたまきの前歯をむんずと掴み、左右上下にゆさゆさ…
ひぇぇぇヽ(゜ロ゜;)ノ
まだ二週間は抜けないって言いませんでした?

「せっ、先生!麻酔とかしないんですか?」とビビりの私が訪ねると
「乳歯は根っこがないからこうするの~♪」と更にゆさゆさ…

たまきはと言えば、口をいじられるのは嫌いだからビックリしてシャチホコってるし(゜-゜)

でも確かに痛くはなさそうだ。

けど、怖くて見てられない。
「もっと文明の利器を使うものだと思ったけど、原始的なのね~、きゃあ、いやぁ~( ̄◇ ̄;)」と叫びまくったのは、私です。

「と~れた♪」と先生の声に恐る恐るたまきを見ると、口を血だらけにして放心中。
そりゃそうだ(恐)


たまきを見てビビり継続中の私に先生は
「乳歯は痛くないから。私も小さい頃は年子の兄と抜ける時期が一緒で、お互いのぐらついてる歯を糸で結んで引っ張り合って抜いたのよ~♪やったことない?」とこれまた嬉しそうに話してくれました。

いや、ナイって(涙)

それって究極のS?いやMか?

今日はいろいろと学ぶことの多い実りある日でした(笑)
[PR]

by tamaki-tamaki | 2009-03-13 19:33 | Comments(0)

ボトックス三回目

今日は放課後三回目のボトックス注射でした。

先生と3ヶ月前から今までの状況を相談しながら今回も10ヵ所打ちました。

たまきの場合、首から肩甲骨のあたりまでは比較的真っ直ぐだけど、それ以降、腰をピークに左に側わんがかなり進んでます。

座らせても腰を左にクイッと曲げて座るのが彼女にとっては居心地のいいスタイルになりつつあるので、その辺を重点的に処置。

前回は一番痛い内股から打ち始めて、最初から最後まで涙・涙となってしまったので、今回は一番痛い内股を最後にしてもらいました。

針が刺さるたびにビックリして目を見開いていたけど、最後まで泣かずに頑張りました。
エライエライ。

お風呂上がりに体をほぐすと、早くも効果があるような…。
早すぎ?

普通は打ってから二週間目をピークに効果は次第に薄れていくものですが、たまきはもう三回目だから効き目も早いのかも?
先生の目標は3ヶ月おきから、4ヶ月おきというふうに期間を延ばしていければベストとおっしゃってました。

せっかくたまきが頑張って受けた治療なんだから、毎日少しずつ体をほぐして効果を持続させたいと思います。


そうそう、いつもボトックス後の支払いは3万円位だったのに、今回は6万弱。
さすがにその金額は財布にあるはずもなく、金額を聞いた瞬間「え~?そんなに持ってナイ!なんで急に倍額になっちゃったの~?」と聞いてみたら「使う薬液の量が増えたからなんです」とのお返事。

明日もリハで通う予定だったので、支払いは明日ね~。と約束をしてスゴスゴ帰宅(笑)
あ~ビックリした。
[PR]

by tamaki-tamaki | 2009-03-12 23:48 | Comments(0)

抜けた!初めての乳歯。

f0077793_22393585.jpg

f0077793_22393578.jpg

一年くらい前から少しグラつきだしたたまぞの乳歯。

前歯の向かって左の二本。
いつ抜けるんだろう?とドキドキしながら一年が経ちました。

ここ数日はもうグラグラで、誤嚥したらと思うと怖くて怖くて。
が、さっき歯磨きしていたら二本のうちの一本が更にグラつきが増してきまして…((((゜д゜;))))

「おとーさーん!抜いて!」
「やだ!怖い!」
「誤嚥したらどーすんのよ」
「痛いもん、たまき泣くもん」
「痛くない痛くない!ぽちっとやっちゃえば大丈夫!」
「…………」

おとう覚悟を決めたのか無言で手を洗う(笑)

実は先日歯科医でVFの検査をした時に先生が「あ~、これは抜けるわ。あと数日で。抜けそうだったらペキッって押せば抜けるからね」って言われてきた。

おとうも一緒に行っていたので、しっかり聞いていたからねぇ。

でも帰りの道中、どっちがペキッとやるかで揉めました(笑)

で、現在に至ります。

一度はミシッと押したおとうだけど、その感触にビビりの様子。
中途半端はダメ!と私にダメ出しをされて再び挑みました。

で、無事に抜歯。
「メリメリっていったよぉ~」とへなちょこぶりを発揮してました。
エライ!良くがんばりました!

たまぞさんはと言えば…

口を血だらけにして笑ってました( ̄◇ ̄;
きょわいっ!すぷらっただ。

抜けた歯はどうしましょう?
昔は、下の歯は屋根の上に、上の歯は縁の下にと言ったけど、縁の下って今はないじゃんっ!
キッチンの床下収納をどかして投げるなんて聞いたことないし(笑)

とりあえず初めて抜けた乳歯なので、歯医者さんから戴いたチュー太郎のケースに収めました。

んが、さて、これをどうする?
う~ん…
[PR]

by tamaki-tamaki | 2009-03-10 22:39 | Comments(0)

ベッドまわりの模様替え

f0077793_1649512.jpg

たまぞさん、昨日から二泊三日のショートステイの旅に出ております。

今日は朝から家中を大掃除。
シロアリ駆除の業者にも床下点検にきてもらい、合格点をもらってほっとしました。

で、たまきのいないベッドをふと見たら、壁に飾った絵がもう一年取り替えてなかった事に気づく。

よっしゃ~!
ということで、今回はたまぞさんの好きな絵本を拡大コピーしてぺたぺた。

ちょー手抜き(笑)
明日帰ってきたら、たまきは気づくかな?
喜ぶかなぁ?

わざと今回は余白が多め。
これから撮る写真を余白に貼ってあげよう。

今日はおとうがお休みなので、夜はディナーデート。
あ~、お腹すいた~!
[PR]

by tamaki-tamaki | 2009-03-07 16:49 | Comments(0)

嚥下(えんげ)の確認《V F》

今日はお休みのおとうと一緒にたまきが摂食指導を受けている病院でVFの検査を受けてきました。

VFというのは嚥下造影法のことで、食べ物に造影剤を混ぜて口から食べる様子をレントゲンを使って撮影します。

ワンカットの写真とは違い、ビデオのような映像で確認できるので、誤嚥をして肺に食べ物が流れ込めば一目瞭然となります。

たまきは口から食べる訓練を続けていますが、たまに誤嚥して咳き込むことがあり、今後摂食指導を進めるにあたり、確認のために検査しました。

VFを撮るための機械は3億(驚)。すげー!

先生が用意してくれたのはイチゴミルク。
イチゴシロップを牛乳で割ったものにとろみがついてました。

先生は「ほんとはこんな砂糖のかたまりみたいなのは虫歯の元だからあげたくないんだけど…」って(笑)


そしていざ!
画面に映るたまきはスケルトン(笑)乳歯の付け根にはしっかり永久歯が映っていてちょっと嬉しい(笑)

口に入れてもらったイチゴミルクはするりときれいに食道を通り過ぎ、胃に落ちました。

心配していた喉頭蓋(嚥下の瞬間だけ気管にふたをして食道へ食べ物を誘導する部位)もきっちり閉じていて、感動。

でも、しばらくすると上あごの内側に残っていた食べ物が唾液と混ざり気管に向かってたら~りと落ちてきた。
これが咳き込みの原因らしい。

本人が「飲み込むぞ」と意識していれば大丈夫だけど、食事に対する意識が薄れるとわずかに誤嚥があるもよう。

先生からは食事の時のあごの角度などを指導してもらい帰宅しました。

食べることにはとても興味があるたまきだから、誤嚥で摂食が中止になったら…と心配していたけど、今後も今まで通り摂食を進めていくことになりました。

まずは一安心。
ちいさな一歩かな。
[PR]

by tamaki-tamaki | 2009-03-04 20:49 | Comments(0)

たまぞ、木曽馬に乗る

http://horse-para.com/index.htm

たまぞの通うリハビリ施設の先生による乗馬セラピーに行ってきました。
今日はおとうも一緒で、久しぶりのちょっと遠出。

ここは競争生活を終え行き場のなくなった馬が余生を過ごすための養老牧場として、人と馬の『ふれあい』をテーマに設立したそうです。

バギーに乗って馬さんたちのいるところに行くとたまぞフリーズ(笑)
手始めにポニーちゃんにご挨拶。
なんとなーくビクビクしていて目をそらしてました。
f0077793_2192274.jpg


では、と言うことで順番に乗馬。
たまぞはリハでお世話になっている先生に支えてもらってパカパカ。
最初は固まってましたが、動き出すとニッコニコでした。
f0077793_2194754.jpg

どうなることかと心配したけど、要らぬ心配だったもよう。

たまぞが乗せてもらったのは木曽馬の「さくら」ちゃん。
おとなしくて、とってもおりこう。
歩きながら「ぶるるる」と鼻息荒く(笑)怒ってるんですか?と聞いたら「調子が良い証」だそうで。

こちらの写真はサラブレッドの「コーリンマジンガー」君。
f0077793_21101517.jpg

デカい。とにかくデカい。
彼の背中の高さは私の背をゆうに超えていて、ニンジンをあげても見下ろされてるし(汗)
で、口にいっぱいニンジンをほおばってポロポロこぼしてるのに、もっとくれ!と前脚で地面をひっかいて催促。
本当にあまりのデカさに圧倒されました。

こちらの写真は私が一目惚れしたロバの「ミミ」ちゃん。もうめちゃめちゃかわいい!
コンパクトで毛がふさふさで、目はつぶら。まつ毛もなが~い!
f0077793_21103953.jpg

自分で支えられる子はひとりでミミちゃんに乗せてもらってました。

実は私も乗せてもらっちゃいました。
たまぞと一緒にさくらちゃんに。
「重いけど、大丈夫?」とおそるおそるまたがると、どっしりと受け止めてくれ、たまぞさんを支えつつ馬場を2週。
すんげー楽しかったぁ。
思いがけない体験ができて私もとても楽しめました。

またぞは先生と3周、私と2周。5周も乗りました。

ここの馬たちは自然の中で人と深く関わりながら、大切に育てられているようで、とても温かみのあるところでした。
またチャンスがあれば是非参加したいと思います。
[PR]

by tamaki-tamaki | 2009-03-01 21:12 | Comments(2)