おにたま。

2月3日は節分ですね。もうすぐです。

節分とは?
調べました(笑)

節分とは季節を分けるということ。
立春、立夏、立秋、立冬。
節分は年に4回ありますが、春夏秋冬と書くように、一年の始まりは春から。
なので、立春のみの行事になったそうです。

では、なぜまめを撒くのか。
むかし鬼の目に豆を当てて退治したとも、『摩(ま)』を『滅(めっ)』する→ここからまめ(豆)を撒くとも。

他にも諸説ありますが( ・∇・)

じゃあ、なぜ鬼がでてくるのか?
鬼は(おに)は『陰』(おん)に由来していて目に見えない邪気のこと。
隠(かくれている怖いもの)人[おんにん]から来たもの。
などいろいろ。

新年を迎えるに当たり、災いを取り除いておこうということで鬼に豆を撒くようです。

ほかにも恵方巻や鰯の頭と柊とかありますが、長くなるのでこの辺で(笑)

では、表題のおにたま。
f0077793_21501279.jpg

もちろん授業の様子です。

虎柄の布やヅラをつけてるときはジタバタしていたたまぞですが、赤鬼のお面をつけたとたんピクリとも動かなくなってしまった(笑)

指一本動かさず、固まる(笑)
でもお面の目玉を覗き込むと、中でたまきの目がキョロキョロ( *´艸)


実はたまきが鬼になる前に…
f0077793_09525159.jpg

先生とライトセーバーよろしく光って音の出る剣で鬼退治の予行練習をして
f0077793_09525261.jpg

赤鬼と対面。
ここでもたまぞ、固まる(笑)
さすがに先生とは気付かない様子( ≧∀≦)
でもがんばって剣で退治しました。
(何で豆じゃないんだー?(笑))←私の心の叫び

f0077793_09525448.jpg

軍手で作った小さなピンク鬼には殻つきのピーナッツをたまきがつかんで頭の上にポトンと落とし、退治。
笑っちゃうくらい優しい落とし方(投げ方?)でした(*^^*)

そうそう。
先日、たまぞの高校入試の願書を提出してきました。
交付された受験票の番号は16番。
入学選考会は来週7日。
入学選考中は母子別室だそうです。
たまぞの入学選考ってどんなことするんだろー?
見たいなぁ( ;∀;)

初対面の相手には警戒&緊張しぃのたまぞ。
がんばりどころです。
[PR]

by tamaki-tamaki | 2017-01-31 21:22 | Comments(0)